SHOWTIME!!!

大学受験を失敗し自宅浪人をしたすえ某国立大学に通うショウタ(20)。自分の経験したことや思ったこと、旅行などなどをアップしていく超個人的なブログです(笑)

大学受験

どうやって勉強していく!?大学受験方法まとめ(予備校編)

投稿日:

こんにちは、ショウタです。

この時期はちょうど大学受験がおわり、合格した大学に進学する人、もう一年頑張る人、就職する人などたくさんの選択肢うまれる時期ですね。

僕は浪人を経験した者として、これからもう一年頑張ろうと考えている人へいくつかこの時期に決めるべきことをまとめてお役にたてたらなぁという感じです。そこで今回は、

一年間どうやって勉強すればいいの?

ということについておはなししていきます!





①そもそも予備校に通うメリット・デメリットって何?

安易に浪人→予備校!って考えるのは注意が必要です。

浪人する一年間を有意義にするためにはしっかり自分の目的を持って取り組むのがベストではないかと思います。

メリットとしては、

一日の生活習慣が一定化する。


一年間で完成されたカリキュラム

の二つが大きいと思います。

実際、僕の友人も多くは予備校を利用していました。

特に河合塾、東進、駿台、代ゼミの3大予備校は講師のレベルやネームバリューから見ても、圧倒的な安心感があると言えるでしょう。

しかし、デメリットとしては、

授業料が高額

集団授業が一般的であり一人一人のサポートはさほど高くない

の二つがあげられます。

まず一つ目の授業料ですが、コースにはよりますが通期の授業で80万円程度です。さらに夏期講習や冬期講習は別途料金なので一年の総額は100万程度とみてもいいかもしれません。

ちなみに国立大学文系の授業料であれば一年間55万程度ですから、二年分の授業料を受験に使うことになりますね(笑)

二つ目のポイントですが、これは大きいポイントです。河合塾はチューター制度や、担任?のような制度があり、どちらかといえば手厚いサポートがあります。一方で駿台はチューター制度はなく、市販の参考書の解説などは基本的にしてくれません(講義をする先生方はいらっしゃるのですが、その方々に参考書の質問をするのは非常に気が引けます・・・)

②特徴をもつユニークな予備校

4大予備校に関しては情報も豊富でほかの方もレビューしていますので、変わっている、といったら失礼ですが、新しいスタイルの予備校の紹介もしますね。

(1)増田塾

こちらは文系私大専門塾です。

以下は増田塾に通っていた友人の声ですが、

「勉強したい人にとってはすごいいい環境が整っている」

「ただ、講師の当たりはずれがあるし、変えることできないのが難点」

「ほぼ毎日テストがあるからそれの点数で全国ランキングが出るのが楽しい。けど、テストにめちゃめちゃ時間と取られてるなーっていうのもある。」

・・・結構生々しい答えが聞けましたw

この塾は成績保証制度(既定の大学以上合格しないと返金)も有名ですよね。

ただ、この制度、テストで常に点数を上げなければいけないことなど、様々な規定があるらしいので、入塾する際は注意が必要です。

https://masudajuku.jp/

(2)武田塾

こちらはなんと授業をしない、で有名な塾です。

いわゆる参考書学習をコーチングやテストによってブラッシュアップするという方法をとっています。

少し講師側の目線になりますが、

大手予備校をぬいて、集団授業やマンツーマンの授業の提供に大学生が抜擢されるのはよくあることです。

それでやはり気にしなければいけないのは、講師のレベルですよね。

もちろん各予備校、研修などにとり講師のレベルは上げているのですが、やはりムラがあるのは否めないです。

そこに参考書学習を埋め込むというのは非常に大事なんですよね。

ある程度その講義の差を埋めてくれるので。

よく、ネットを見ると「授業もしないのにこの料金は高い」という方がいますが、そもそもそう感じる人はペルソナにあっていないだけなのです。

自分一人でも勉強はできるんだけど、ペース配分が難しい・・・

ちゃんと覚えているかテストしてほしい・・・

という子向けです。

https://www.youtube.com/user/takedajuku

武田塾はユニークで、youtubeで様々な動画を出しているので、見てみてもいいかもしれません。

(3)学習塾STRUX

こちらは高田馬場にある塾なのですが、

コーチングに特化した学習塾

オンライン授業が可能であり、どこでも受講可能

講師のレベルが非常に高い

の3つがメリットとして挙げられます。

武田塾とコンセプトとしては似ているのですが、コーチングがはるかに優れており、一週間の予定も事細かに考えてくれます。

自習室がないのがデメリットではありますが、自分で勉強できて、方針が定まればできる子には最適といえます。

https://strux.oner.jp/online/

いかがでしたか?

まとめ

この後も実際に浪人を経験して使えたツールや、ほかの勉強方法について載せていくので、よかったらまた参考にしてください。

-大学受験
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どうやって勉強していく!?大学受験方法まとめ(自宅浪人編②)

こんにちは、ショウタです。 だいぶごぶさたしております。 サボってたわけではないのですが、旅行の後、立て続けに留学の準備をしなければならず・・・いまメルボルンから書いていますw 気を取り直して、今日の …

どうやって勉強していく!?大学受験方法まとめ(自宅浪人編①)

こんにちは、ショウタです。 今回は僕の自宅浪人したときの経験をお話ししていきます。 正直あんまいい思い出はないんですよねw 実際、僕は一橋という大学を目指してたんですけど、前期試験で落ちて後期試験で別 …

どうやって勉強していく!?大学受験方法まとめ(家庭教師、映像授業編)

こんにちは、ショウタです。 今回は家庭教師、映像授業について説明していきます。 調べてわかりましたが、ほんとにいろんな勉強方法があるんですね・・・ Table of Contents ①家庭教師②オン …